コーエーテクモゲームス、18年3月期は2ケタ増収増益を達成 パッケージソフト好調、海外向けIP許諾タイトルも寄与



コーエーテクモゲームス、18年3月期は2ケタ増収増益を達成 パッケージソフト好調、海外向けIP許諾タイトルも寄与コーエーテクモゲームスの2018年3月期の決算は、売上高が前の期比14.8%増の305億5200万円、経常利益が同28.0%増の155億7200万円、最終利益が同17.9%増の111億0700万円と2ケタの増収増益だったことが判明した。歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」シリーズの世界累計出荷本数が1000万本に達したほか、任天堂<7974>の「ファイアーエムブレム」と「無双」シリーズとのコラボタイトル『ファイアーエムブレム無双』の出荷本数が全世界で100万本を突破した。さらに同社がIPを許諾し海外でサービス中のスマートフォンゲーム『真・三國無双 斬』が1000万ダウンロードを超えるなど、IPのグローバル展開で多くの成果を収めた。【関連記事】・コーエーテクモHD、18年3月期は営業益33%増 『信長の野望』シリーズが世界累計出荷1,000万本に IP許諾の『真・三國無双 斬[...]

コーエーテクモゲームス、18年3月期は2ケタ増収増益を達成 パッケージソフト好調、海外向けIP許諾タイトルも寄与 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.