セガゲームス、18年3月期の営業利益は50%増の64億円と大幅増益…家庭用ゲームソフトの新作とリピートが貢献



セガゲームス、18年3月期の営業利益は50%増の64億円と大幅増益…家庭用ゲームソフトの新作とリピートが貢献セガゲームスは、2018年3月期の決算を公開し、売上高が前の期比10.6%減の683億9200万円と減収だったものの、営業利益が同50.0%増の64億5200万円、経常利益が同62.3%増の77億2300万円、最終利益が同87.8%増の60億2700万円と大幅な増益を達成した。セガサミーホールディングス<6460>の決算報告によると、PCオンラインゲームやスマートフォンゲームなどデジタルゲームは減収減益となるなど不振だったものの、「ソニックマニア」や「ソニックフォース」「Total War: WARHAMMER」シリーズなど家庭用ゲームソフトで新作タイトルと採算性の高いリピート販売が伸びたとのこと。【関連記事】・セガサミー、18年3月期のパッケージゲームの営業益は138%増の65億円と大幅増 『ペルソナ5』全世界220万本、ソニック好調 高採算のリピートも寄与・セガサミーHD、[...]

セガゲームス、18年3月期の営業利益は50%増の64億円と大幅増益…家庭用ゲームソフトの新作とリピートが貢献 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.