NetEase、1対4の非対称な対戦モードを採用した『IdentityⅤ 第五人格』のゲーム内容に迫る



NetEase、1対4の非対称な対戦モードを採用した『IdentityⅤ 第五人格』のゲーム内容に迫る中国NetEaseは、新作ホラーアクションゲーム『IdentityⅤ 第五人格』の事前登録を募集している。そんな同タイトルの現時点で判明している内容をお伝えする同タイトルは、非対称型と呼ぶマルチプレイゲームで、4人のサバイバー(追われる者)に対して1人のハンター(追う者)にわかれてプレイする。サバイバーはフィールドからの脱出、ハンターはサバイバーの排除がゲームの目的となる。具体的には、サバイバーは協力して暗号を解き、脱出用のドアを開けるのに成功すれば勝利となる。ハンターは4人のサバイバーを1人で追い詰め、全員をロケットチェアに拘束する。ロケットチェアに一定時間いると、荘園に戻されます。最後のサバイバーが椅子に座ると即ゲーム終了というルールになっている。なお各サバイバーは異なる職業を選択でき、捕まった他のサバイバーを救出する事が可能となる。  ■サバイバー 4人[...]

NetEase、1対4の非対称な対戦モードを採用した『IdentityⅤ 第五人格』のゲーム内容に迫る is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.