スクエニ、2018年3月期の経常利益は2.3倍の341億円 利益率の高い過年度発売タイトルのDL販売が貢献 『FFXIV』と『DQX』拡張ディスクと運営も好調



スクエニ、2018年3月期の経常利益は2.3倍の341億円 利益率の高い過年度発売タイトルのDL販売が貢献 『FFXIV』と『DQX』拡張ディスクと運営も好調ゲームソフト大手のスクウェア・エニックスの2018年3月期の決算が明らかになった。売上高が前の期の17.5%増の1922億9100万円、経常利益が同129.2%増の341億6100万円、最終利益が同146.2%増の279億6300万円と大幅な増益となった。前の期(2017年3月期)が大きく利益を減らしており、急回復となった。スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>の決算によれば、家庭用ゲームソフトで「NieR:Automata」をはじめとする過年度発売タイトルのダウンロードを中心とした利益率の高いリピート販売が好調だった。『ファイナルファンタジーXIV』および『ドラゴンクエストX』の拡張版ディスクの発売・運営も収益を押し上げた。また、スマホゲームについては、『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』『星のドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストモンスターズ スー[...]

スクエニ、2018年3月期の経常利益は2.3倍の341億円 利益率の高い過年度発売タイトルのDL販売が貢献 『FFXIV』と『DQX』拡張ディスクと運営も好調 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.