【ゲーム株概況(6/29)】知育アプリ好調のネオスが高い 『妖怪ウォッチワールド』期待一巡でガンホーが安い シリコンスタジオは11営業日ぶり反発



【ゲーム株概況(6/29)】知育アプリ好調のネオスが高い 『妖怪ウォッチワールド』期待一巡でガンホーが安い シリコンスタジオは11営業日ぶり反発6月29日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比34.12円高の2万2304.51円で取引を終えた。EU(欧州連合)の首脳が難民・移民問題で合意に至ったと伝わったことなどで、為替が1ドル=110円台後半まで円安方向に振れたこともあり、一時は上げ幅100円超に達する場面もあった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アクセルマーク<3624>やカヤック<3904>、オルトプラス<3672>などが買われ、シリコンスタジオ<3907>も11営業日ぶりに反発した。周辺株では、知育アプリ「クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦」がアジア圏で好調のネオス<3627>が高い。半面、ガンホー<3765>が一時277円まで売られるなど下げがきつい。ガンホーは、レベルファイブとの共同開発タイトル『妖怪ウォッチワールド』が売上面[...]

【ゲーム株概況(6/29)】知育アプリ好調のネオスが高い 『妖怪ウォッチワールド』期待一巡でガンホーが安い シリコンスタジオは11営業日ぶり反発 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.