【白猫】ルーンセイバーのモーションや特徴など仕様まとめ



白猫プロジェクトにおけるルーンセイバーの概要や仕様を紹介しています。ルーンセイバーのモーションや特徴についてまとめていますので、ぜひご活用ください!

ルーンセイバーの特徴

①最初からクラスチェンジ職

ルーンセイバー_特徴1_白猫
今までの職はクラスチェンジにスフィアが必要でしたが、新登場のルーンセイバーはキャラを入手した段階でクラスチェンジ職として登場。クラスチェンジする手間が省けるので、ソウルやスフィアの節約になります。

②ルーンドライブで様々な恩恵を得られる

ルーンセイバー_特徴2_白猫
使いたいルーンをルーンドライブに装着して様々な恩恵を得ることができます。装着できるルーンはキャラによって異なり、3つのルーンを使い分けて戦えます。

ルーンセイバー_ルーンドライブ_白猫
ルーンを装着するとゲージが徐々に減っていき、ルーンを外すとゲージが回復する仕組みとなっているため、常時恩恵を得ることはできませんので状況に応じて装着することになります。

また、オプションの設定でルーンドライブの位置を移動させることができるので、自分のスタイルに合った画面で操作することが可能です。

③通常コンボとルーンスラッシュをシフトして戦う

ルーンセイバー_特徴3_白猫
ルーンセイバーの攻撃は2種類あり、属性ダメージに特化したルーンスラッシュと物理ダメージに特化した通常攻撃コンボを自在にシフトして攻撃できます。敵の弱点や耐性に応じて切り替えて戦うことができるため、多くの敵に対応できるでしょう。

ただ、ルーンスラッシュはSP回復量とバースト上昇量が少ない点には注意が必要です。

④バースト技「エレメントバースト」

ルーンセイバー_特徴4_白猫
バースト技は高威力の攻撃とともに、一定時間属性ダメージがアップするアクションスキル強化状態になります。物理ダメージも一緒に強化されるので、高い火力強化が見込めるでしょう。

ルーンセイバーのモーション

手数と範囲に長けた通常攻撃

ルーンセイバー_モーション1_白猫
画面タップで攻撃する通常攻撃は、ソードマスターのように手数の多さと広い攻撃範囲が特徴です。メタル種の処理やヒット数依存のオートスキルや石板と相性が良いので、有用でしょう。

ローリングアタックで敵の懐に移動

ルーンセイバー_モーション2_白猫
ローリングアタックはエクスセイバーの初弾やアサルトチェインのように敵の懐に移動して攻撃します。無敵判定が存在していますので、安全に攻撃をしていくこともできるでしょう。

ルーンスラッシュは移動しつつ攻撃可

ルーンセイバー_モーション3_白猫
ルーンスラッシュは通常攻撃とは異なり、ぷにコンを長押しすることで発動します。長押し中は移動操作することができるので、敵の攻撃を回避しつつダメージを与えることができるでしょう。

連続攻撃のエレメントバースト

ルーンセイバー_モーション4_白猫
ルーンセイバーのバーストは通常攻撃と似た手数が多い連続攻撃になっています。拳聖のように通常コンボ中に即発動できるので、テンポ良くバーストを発することが可能です。

また、バースト後は自身に属性ダメージとアクションスキル強化を及ぼすエレメントチャージ状態になるので、バフに頼らずスキル火力を高められます。

4周年/ワールドエンド関連リンク

キャラ情報
ワールドエンドガチャ当たりランキング4周年ガチャ当たりランキング
エレノア_icon_白猫エレノア アイリス_icon_白猫アイリス 闇の王子_icon_白猫闇の王子
▶︎4周年ガチャは引くべき?
▶︎4周年キャラガチャシミュレーター
▶︎ルーンセイバーの特徴




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.