【インタビュー】スマートな導入と細やかなサポートが決め手 セガゲームス『コトダマン』の共闘を紡ぐMonobit Unity Networking 2.0とは



【インタビュー】スマートな導入と細やかなサポートが決め手 セガゲームス『コトダマン』の共闘を紡ぐMonobit Unity Networking 2.0とはセガゲームスは、4月16日に『共闘ことばRPG コトダマン』をリリース、わずか3日間で100万ダウンロード、その後2ヵ月で700万ダウンロードを突破した。本作は、言葉を使って4人で共闘するという新しい体験がある作品となっており、通信エンジンではMonobit Unity Networking 2.0が採用されている。今回Social Game Infoでは、Monobit Unity Networking 2.0(以下、MUN)を導入しているセガゲームスの 崔 埈碩 氏にインタビューを実施。『コトダマン』の開発にあたってMUNを導入することになった背景やその魅力を聞いた。 ■採用の決め手は導入のしやすさとサポートにあり 『コトダマン』リードプログラマー崔 埈碩 氏ーー本日はよろしくお願いします。まず『コトダマン』がどのような作品か教えてください。『コトダマン』は言葉を使[...]

【インタビュー】スマートな導入と細やかなサポートが決め手 セガゲームス『コトダマン』の共闘を紡ぐMonobit Unity Networking 2.0とは is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.