【ゲーム株概況(7/18)】コマツと提携しARサービス提供と報じられたカヤックが大幅高 業績下振れのサイバーステップがさえない コロプラ新安値



【ゲーム株概況(7/18)】コマツと提携しARサービス提供と報じられたカヤックが大幅高 業績下振れのサイバーステップがさえない コロプラ新安値7月18日付の東京株式市場では、日経平均株価は4日続伸。前日比96.83円高の2万2794.19円で取引を終えた。為替相場で半年ぶりの円安水準になったことを受けて、輸出関連株を中心に買い優勢の展開となった。節目となる2万3000円が意識されたものの、短期的な過熱感から上値では利食い売りや戻り待ちの売りが出て上げ幅を縮小した。こうしたなか、ゲーム関連株については、株価の戻りを背景にした投資家心理の改善を受けて、総じて堅調だった。ブランジスタ<6176>やアルファポリス<9467>、アクセルマーク<3851>などが買われたほか、前日(7月17日)にフォワードワークスと共同開発中の『魔界戦記ディスガイア(仮)』の発表があった日本一ソフト<3851>にも引き続き物色の矛先が向かった。カヤック<3904>が大幅高。コマツと組んで、土木建設向[...]

【ゲーム株概況(7/18)】コマツと提携しARサービス提供と報じられたカヤックが大幅高 業績下振れのサイバーステップがさえない コロプラ新安値 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.