苦味+強炭酸のエナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」発売





サントリー食品インターナショナルは、「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー) ビターエナジー」を8月21日(火)から1都10県※1で新発売します。(10月より全国で発売予定)

※1 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、山梨県、静岡県

「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」は、自然が育んだ素材と、苦味・強炭酸の刺激に着目して生まれたエナジードリンクです。

再栓可能なペットボトル容器の採用により、自分のペースで楽しむという新しい飲用スタイルを提案し、より多くの頑張りたい方々を応援していきます。

「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」の特長

・「自然が育んだ素材」と、「苦味と強炭酸による刺激」によって生み出されたエナジー感

独特な味わいがあり、カフェインを含む茶葉である“グアユサ”を使用。また、コクがあり後キレの良い爽快な辛みのジンジャー、クリアな清涼感のミントを使用し、自然が育んだ素材の、エナジー感のある味わいに仕上げました。

さらに、ホップと有機グレープフルーツ果汁が持つクセになる苦味と、喉にグッとくる強炭酸の刺激を掛け合わせることで、これまでに無かったエナジー感を生み出しました。

・サントリー独自のカフェイン・糖設計

カフェイン量は、従来のエナジードリンクよりも少ない1本あたり45mg。525mlの緑茶飲料1本分※2とほぼ同等の量です。

また、てんさいを原料とした糖類であり、持続性エネルギー源であるパラチノースを使用しています。

※2 同社商品

 「サントリー天然水」ブランドは、「自然とのふれあいによる人間性の回復」をテーマに、(株)スノーピークと「山のむこう」プロジェクト※3に取り組んでいます。その共同開発商品として、これまでに「サントリー 南アルプススパークリング」シリーズを発売してきました。

 今回の商品は、スノーピークとの共同開発商品第4弾となるものです。 自然が育んだ素材を厳選して使用することで、「自然とのふれあいによる人間性の回復」への貢献を目指します。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.