コーエーテクモHD、1対1.2株の株式分割を実施…株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図るため 端数は一括売却して端数の生じた株主に配分へ



コーエーテクモHD、1対1.2株の株式分割を実施…株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図るため 端数は一括売却して端数の生じた株主に配分へコーエーテクモホールディングス<3635>は、7月23日、1対1.2株の株式分割を実施することを発表した。基準日は9月30日(実質9月28日)で、効力発生日は10月1日。株式分割の目的は、「投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家の皆様がより投資しやすい環境を整えるとともに、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ること」としている。なお、分割の結果発生する1株未満の端数株式はこれを一括売却し、その処分代金を端数の生じた株主に対し、その端数に応じて配分するとしている。また、株式分割に伴い、新株予約権の権利行使価額の調整を行うほか、配当は1株あたりで実質同額となる50円に修正する。[...]

コーエーテクモHD、1対1.2株の株式分割を実施…株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図るため 端数は一括売却して端数の生じた株主に配分へ is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.