琉球フットボールクラブがe-Sportsチーム「FC琉球」を発足!所属はKYAMEI選手



琉球フットボールクラブとエリスリナが連携し、J3クラブとしては初のe-Sportsチーム「FC琉球」を発足することが決まった。所属選手は、「CEOtaku 2016」にて5タイトル優勝の偉業を成し遂げたKYAMEI選手。

KYAMEI選手は今年8月の「EVO 2018」に2タイトルで出場!

[以下、リリースより]

この度、琉球フットボールクラブ株式会社(沖縄県沖縄市:代表取締役:倉林啓士郎)は、株式会社エリスリナ(沖縄県那覇市:代表取締役:松永越)と連携しe-Sports(※)事業に取り組み、J3クラブとしては初となるe-Sportsチーム「FC琉球」を発足することになりましたので、お知らせいたします。

(※)e-Sports:「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略。コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技のことを指す。

2019年いきいき茨城ゆめ国体(第74回国民体育大会)や2022年に中国の杭州市で開催されるアジア競技大会での正式種目に採用されるなど、世界中で競技人口・市場規模の拡大が著しいe-Sports。

FC琉球e-Sportsチームは、プロチームの運営だけでなく、選手のマネジメントから、沖縄県を代表する国体選手・国内や海外の世界大会へ出場する選手の育成、県内での大会やイベント開催運営をとおして、世界のe-Sportsシーンで活躍できる様々な人材の育成と輩出をすることを目的として活動いたします。

Jリーグクラブとして、e-Sportsの世界でもサッカーの魅力を伝えていくため、「FIFA 18」「ウイニングイレブン」に取組みながらも、沖縄県初のe-Sportsプロ選手「KYAMEI」氏と所属契約し、今年8月アメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO 2018」へ参戦いたします。

所属選手:KYAMEI

2016年10月にアメリカで開催された格闘ゲームイベント「CEOtaku 2016」にて、5タイトル優勝の偉業を達成するなど世界の舞台で活躍する格闘ゲームプロ。

【琉球フットボールクラブ株式会社代表コメント 倉林啓士郎】

e-Sportsは年齢や性別、身体障害などにかかわらず参加できます。

FC琉球としてもJリーグ百年構想「サッカーに限らず、あなたがやりたい競技を楽しめるスポーツクラブをつくること。」「「観る」「する」「参加する」。スポーツを通して世代を超えた触れ合いの場を広げること。」を具現化していくためe-Sportsをとおして、より多くの方々にスポーツの魅力を提供していきます。

FC琉球高等学院とも連携してe-Sportsコースの開設も視野に入れたいです。

【株式会社エリスリナ代表コメント 松永越】

日本におけるe-Sportsの活性化に寄与できるよう、チーム一丸となり活動して参ります。

私達はe-Sportsにおいても熱い想いと共にアジアの中心であるOKINAWAから世界を目指します。

【選手コメント KYAMEI】

沖縄ではe-Sportsというものはまだ馴染みのない競技ではありますが、ゲームを通じて地域活性化に貢献したいと思います。

皆様のご声援、何卒よろしくお願いいたします。

■EVO 2018

北米時間の2018年8月3日(金)から2018年8月5日(日)の3日間にわたり、アメリカ・ラスベガスで開催される格闘ゲームフェスティバル「EVO 2018(Evolution Championship Series 2018)」。

そのメイン競技8タイトルは以下となります。

    • 「鉄拳7」
    • 「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」
    • 「ストリートファイターV アーケードエディション」
    • 「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」(KYAMEI出場)
    • 「GUILTY GEAR Xrd REV 2」
    • 「Injustice 2」
    • 「大乱闘スマッシュブラザーズDX」
    • 「ドラゴンボール ファイターズ」(KYAMEI出場)

(C)2015 FC RYUKYU All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.