アドウェイズ、3DCGを広告素材として配信できる「3D AD」を利用した広告サービスをVRizeと共同開発



アドウェイズ、3DCGを広告素材として配信できる「3D AD」を利用した広告サービスをVRizeと共同開発アドウェイズ<2489>は、3DCGを広告素材として配信ができるスマートフォン/PC向けのインタラクティブアドネットワーク「3D AD(スリーディーアド)」を運営するVRizeと共同開発した「「3D AD」を使用した特別純広告メニュ」の提供を開始した。これまでのデジタル広告は、テキスト・画像から始まり、GIF・動画が一般化し、さらに最近ではプレイアブル広告と、情報を一方的ではなく双方的に伝えるものへと進化してきした。同時に、広告クリエイティブのリッチ化が進んでおり、企画や制作コストが高く、広告配信のROIを合わせることが難しいという課題があった。「3D AD」では広告主のCG素材を活用し、独自の技術を用いて低コストでクリエイティブの制作ができるため、リッチ広告の配信ハードルが下がり、より多くの広告主のニーズに応えることができる世界的にも前例のない広告サービスとなっているという。[...]

アドウェイズ、3DCGを広告素材として配信できる「3D AD」を利用した広告サービスをVRizeと共同開発 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.