【サイバーエージェント調査】O2O広告市場、2023年には18年比で12倍の1616億円に



【サイバーエージェント調査】O2O広告市場、2023年には18年比で12倍の1616億円にサイバーエージェント<4751>は、デジタルインファクトと共同で、国内のO2O広告の市場動向調査を行い、2018年の市場規模は2.25倍の135億円、2023年には18年比12倍の1616億円に拡大する見通しと発表した。スマートフォンの普及により、オンラインとオフラインとを横断したユーザーの消費行動が進む中、実店舗での商品・サービスの提供を行う企業においては、テレビCMや新聞・折込広告などの紙媒体による店舗集客や販売促進を補完または代替する手法として、インターネット広告の活用が増えつつある。オンラインからオフラインを繋ぐO2O広告は、実店舗を保有する企業もしくは店舗を販売チャネルとする企業が、来店促進および店舗での商品・サービスの販売促進を目的に出稿するインターネット広告。調査では、インターネットを通して配信されるO2O広告の年間広告出稿額を推計し市場規模予測を算出した。<プレ[...]

【サイバーエージェント調査】O2O広告市場、2023年には18年比で12倍の1616億円に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.