THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR【ゲームレビュー】



格闘ゲームの金字塔『THE KING OF FIGHTERS』(以下、KOF)がアクションRPGとなってスマホ向けに配信開始。華麗にコンボをつないでいく、KOFらしさあふれる爽快なアクションは必見!

KOFらしさてんこ盛りの爽快アクションRPG

『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』は、KOFの世界で、自身がキャラクターとなって戦うアクションRPG。

主人公(プレイヤー)は、ゲームにダイブし、KOFのキャラクターと同期して戦う調律者。なんらかのトラブルにより、KOFの世界から抜け出せなくなってなった上、記憶を失ってしまうところからストーリーが始まる。

ゲームの世界で右も左もわからない主人公。不思議な少女「ノア」に導かれるまま、世界中の注目が集まる格闘大会「THE KING OF FIGHTERS」に参加し、手がかりを探していくことになる

ゲームオーバーになると、キャラクターといっしょにゲームオーバーになってしまう世界で、立ちふさがる猛者たちを倒して最強の座を手にし、無事に元の世界へと戻れるか。戦いの日々が今始まる!

KOF歴代シリーズのキャラクターがガチ総出演!

バトルは、プレイヤーが選択したKOFのキャラクターとして戦うことになる。

リリース時点では、’94~’97のシリーズのキャラクターが登場しており、以降のシリーズからも随時追加される予定。

これまでシリーズに登場した、あらゆるキャラクターが登場するという、ALLSTARの名に恥じないタイトルだと言えるだろう。

チュートリアルでは、’94の草薙京、リョウ・サカザキ、テリー・ボガードのいずれかを選択する。使用キャラクターとして入手できるが、レアリティは星3であまり高くない。まずは好みのものを選んでしまっていいだろう

キャラクターは主にガチャで入手。同名キャラクターでも年代が違うと別扱いになり、レアリティもそれぞれ異なる(一部例外あり)

また、後述しているが、3人1組のチームで戦うというKOF伝統のシステムも搭載されている。複数のキャラを状況に応じて使い分けていけるところも面白さの1つだ。

コンボを華麗につなぐ格ゲーみたいなバトルシステム

クエストをクリアすることで物語を進めていくのが基本的なゲームの流れになる。

クエストではWave形式で進むバトルが繰り広げられる、と聞くとRPGらしいと感じるかもしれないが、見た目は完全にアクションゲーム。

格闘ゲームのように、通常攻撃から必殺技、超必殺技へとコンボをつないでいく、爽快なバトルを楽しめる。

横スクロールベルトアクションのようなバトル画面。立ちふさがる敵をすべて倒すと次のWaveへと突入する。最後に登場するボスを倒すとクエストクリアだ

本作ではアクティブスキルという名前で、各キャラの必殺技、超必殺技が登場! テリーのバーンナックルやパワーゲイザーも完全再現

攻撃を受けると、ひるんでしまい、一方的にダメージを受け続けてしまうことも。回避やガードをうまく活用して、いかにひるまないようにするかも攻略のポイントだ

なお、操作タイプは2種類から選択可能。バーチャルパッドによる一般的なコントローラーらしい操作をしたいならA、画面タップやスワイプなどスマホらしい操作をしたいならBがおすすめだ。

より格闘ゲームらしいのはAだが、右のボタンがゴチャついており、押し間違えてしまうことも。デフォルトでもあるBの方が操作しやすいという印象だ

「格闘ゲームのような」と聞くと、難しいイメージがあるかもしれないが、基本的には画面やアイコンをタップしていくだけで簡単に連続攻撃をすることができるため、難しいコマンド入力は一切必要ない。

マニュアル、セミオート(スキルのみ任意発動)、オート(スキルも自動発動)と操作方法も随時選択できるため、レベリングなどはスキマ時間でできてしまう至れり尽くせりな仕様。

とにかく遊びやすいところが大きな魅力だ。

伝統の3人1組チームを踏襲!メンバーを効果的に交代させていこう!

バトルには、KOF伝統の3人1組のチームを編成して挑んでいく。操作するキャラクターはこのチームの中ならいつでも交代させられることが可能だ。

敵、味方それぞれに属性の概念が設定されているため、敵と相性のいい属性のキャラに代えるというのは、クエストの攻略要素にもなっている。

交代は、操作しているキャラクターのHPが0になるか、バトル画面右上のアイコンをタップすることで行える。いつでも交代できるというところはあまりなじみがなかったが、『KOF 2003』で搭載されていたシステムのようだ

交代キャラ登場時のエフェクトには攻撃判定があり、近くにいる敵を上へふっ飛ばしてくれる。うまく使うと、コンボ終了後に”拾う”といったこともできそうだ

交代キャラのほか、ほかのプレイヤーのキャラクターをサポーターとして乱入させることもできる。

こちらは自身で操作はできないものの、必殺技、超必殺技をひと通り放って退場していく。使いどころによってはかなり強力なコンボを決めることが可能となっている。

サポーターを呼び出せるのは1バトルにつき1回のみ。一定時間、アクティブスキルを連発してくれるため、かなり強力。ボス戦で使っていくのがおすすめだ

編成時は、リーダースキルとサポータースキルのバフ(強化)効果がチーム全体に反映される。チームに合ったリーダー、サポーターを選べるとベストだ

チームを特定の組み合わせにすると……?

編成した3キャラクターは、特定の組み合わせをすることでも、さまざまなバフが得られる。

これは主にキャラクターの登場シリーズやプロフィールに関連する組み合わせとなっており、ファンなら思わず笑みが浮かぶような内容だ。

3キャラクターを特定の組み合わせにすることで、絆バフが発動する場合も。年代、性別、国籍などで統一してみよう

さらに、チームとして選択した3キャラクターには、それぞれに1人ずつストライカーを設定することができる。

ストライカーを設定するだけでもステータスは上昇するが、ここでも特定の組合わせを成立させることで、さらなる上昇効果を得られる。

このあたりも考慮した、最適なチーム編成を模索していこう。

こちらは、「ファイターリンク」という名称。ライバル、恋人、兄弟といったキャラクター同士のプロフィールに関連する内容が多い。リンクが発生するリストも確認できるので、探してみるといいだろう

ストライカーは、バトル中に右上のアイコンをタップすることで登場し、バフ効果を得るスキルを発動してくれる。敵に立ちはだかるように登場するが、攻撃や防御などは行ってくれないので注意

リアルタイムに連動した対戦も可能!

数多あるコンテンツの中には、リアルタイムに連動してほかのプレイヤーと対戦したり、共闘するものも存在している。

プレイヤースキルをほかのプレイヤーに見せつける面白さは、ゲームセンターに通ずるものが味わえるはずだ。

ガチ格闘対戦モード「通信バトル」

バトルモードの1つである「通信バトル」。ルームを作成し、対戦相手にコードを伝えることで、プレイヤー同士1対1のリアルタイム対戦を行うことができる。

形式はそれぞれが3人1組のチームから1キャラを出し合い、勝ったキャラが残っていくまさしくKOFのもの。アーケードのようなガチ対戦をしたい方におすすめだ。

クエストなどとは異なり、途中交代のシステムはない。1キャラ倒されると次のキャラが戦う形式なので、最初の戦う順番選びも重要

多少育成度合が違うくらいなら、プレイヤースキルでカバーできるのがこのモードの面白さ。このあたりは格闘ゲームそのもの

協力して祭壇を守る「コアクエスト」

強化素材集めのクエストの1つ「コアクエスト」では、3人のプレイヤーが参加してのリアルタイム共闘を行うことができる。

制限時間中、画面中央にある祭壇に向かって敵が押し寄せてくるので、これを協力して守りきっていくというコンテンツだ。

味方プレイヤーの位置を見つつ、手薄な箇所を守る、空気を読んだプレイングが求められるディフェンスゲームとなっている。

参加するには、自分でルームを作るか、すでに作成されたルームに入ることになる。基本はランダムマッチングだが、ルームのコードを伝えれば、仲間内でいっしょに戦うことも可能だ

実はこのクエスト、1人でも挑戦できるのだが、操作キャラ以外はAIになるため、かなり心もとない。ほかのキャラクターがきちんと働いてくれる共闘は、恩恵が非常に大きい

随所に感じるKOFリスペクト

豊富に登場するキャラクターはもちろん、アクション性の高いバトル、スキルを連ねる華麗なコンボ、ストライカーや交代、リアルタイム対戦など、RPGだが間違いなくKOFであると感じられる要素が非常に多い本作。

原作シリーズへの最大限のリスペクトを感じるものが盛り込まれているので、格闘ゲームではないが、KOFのコアなファンでもきっと楽しめる内容になっているように思う。

オートで周回できる手軽さ、共闘のしやすさなど、スマホらしい魅力も取り入れた新しいKOFをぜひ堪能してみてほしい。

  • 使用した端末機種:Galaxy S7 edge
  • OSのバージョン:Android 7.0
  • プレイ時間:約5時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.1

(C)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
(C)Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. 2018 All Rights Reserved




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.