【サイバーエージェント決算③】ネット広告は先行投資により減益 esportsやVtuberへの投資も ナショナルクライアントの開拓進む



【サイバーエージェント決算③】ネット広告は先行投資により減益 esportsやVtuberへの投資も ナショナルクライアントの開拓進むサイバーエージェント<4751>のインターネット広告事業は、第3四半期(4~6月)の業績は、売上高が607億円と前四半期に続いて600億円の大台を突破した。ただし、営業利益については前四半期比で27%落ち込んだ。これは広告の需要期である1~3月の直後で反動が出やすいことに加え、先行投資を行ったことが大きな要因になったという。 先行投資とは、(毎年あることだが)4月から入社した学卒の新入社員の人件費に加えて、新しい領域として(大勢に大きな影響を与える規模ではないが)esportsやVtuberへの投資があるとのこと。このほか、連結子会社であったサイバー・バズが持分法適用会社となったことも大きい。連結子会社と異なり、持分法適用会社になると損益計算書上では売上高ではなく、営業外収益から反映されるためだ。このほかの興味深いトピックスとして、ナショナルクライアントの開拓が進んで[...]

【サイバーエージェント決算③】ネット広告は先行投資により減益 esportsやVtuberへの投資も ナショナルクライアントの開拓進む is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.