【決算】東映アニメ、18年3月期の営業益予想を90億円→120億円に大幅増額 『ドラゴンボール』ゲームアプリ貢献、北米向け映像配信権の販売も寄与



【決算】東映アニメ、18年3月期の営業益予想を90億円→120億円に大幅増額 『ドラゴンボール』ゲームアプリ貢献、北米向け映像配信権の販売も寄与東映アニメーション<4816>は、本日(7月27日)、2019年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高を400億円から480億円、営業利益を90億円から120億円、経常利益を93億円から123億円、最終利益を63億円から85億円にそれぞれ引き上げた。従来予想からの修正率は、売上高が20.0%増、営業利益が33.3%増、経常利益が32.3%増、最終利益が34.9%増と大幅な修正となる。従来予想では減収減益予想だったが、一転して増収増益見通しになった。 同社では、北米向け映像配信権の販売が好調に稼動したことに加え、国内外で「ドラゴンボール」シリーズのアプリゲーム化権販売が当初の見込みを上回って好調に推移した、としている。第2四半期連結会計期間も国内外でゲーム化権販売が引き続き好調に推移することが予想されるため、第2四半期累計の業績予想を上方修正し、それに伴い、通期の業績[...]

【決算】東映アニメ、18年3月期の営業益予想を90億円→120億円に大幅増額 『ドラゴンボール』ゲームアプリ貢献、北米向け映像配信権の販売も寄与 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.