Aiming、第2四半期の営業損益は赤字幅拡大も増収に転じる 四半期ごとの赤字幅は縮小傾向に



Aiming、第2四半期の営業損益は赤字幅拡大も増収に転じる 四半期ごとの赤字幅は縮小傾向にAiming<3911>は、本日(7月27日)、第2四半期累計(2018年1~6月)の連結を発表し、売上高37億9000万円(前年同期比4.7%増)、営業損益11億1400万円の赤字(前年同期9億2700万円の赤字)、経常損益11億3400万円の赤字(同9億3000万円の赤字)、最終損益11億3800万円の赤字(同9億4900万円の赤字)だった。 定性情報については記載なし。後に決算説明資料を開示するとはいえ、投資家に対する説明として、こうした開示方針が妥当なのか、議論の余地はありそうだ。なお、2018年12月通期の見通しは非開示。第3四半期の予想を発表しており、売上高55億3400万円(前年同期比10.9%増)、営業損益12億3900万円の赤字、経常損益12億6000万円の赤字、最終損益12億6700万円の赤字を見込む。 第2四半期が増収となり、第3四半期[...]

Aiming、第2四半期の営業損益は赤字幅拡大も増収に転じる 四半期ごとの赤字幅は縮小傾向に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.