【ゲーム株概況(7/27)】モバイルファクトリーが3日続伸 下方修正のドリコムが年初来安値更新 サイバーエージェントが7日続落



【ゲーム株概況(7/27)】モバイルファクトリーが3日続伸 下方修正のドリコムが年初来安値更新 サイバーエージェントが7日続落7月27日の東京株式市場では、日経平均株価は反発。前日比125.88円高の2万2712.75円でこの日の取引を終えた。為替市場での円高一服や米国と欧州の通商問題への懸念が後退したことを受けて、買い優勢で始まった。前日に好決算を発表した企業が物色された。こうしたなか、ゲーム関連株を見ていくと、ドリコム<3793>が大幅安となり、年初来安値を更新した。前日7月26日に2019年3月期の第1四半期(4~6月)の連結業績予想について、売上高は従来予想31億円から28億6000万円(増減率7.7%減)、営業損益は同3億円の赤字から4億2000万円の赤字に下方修正したことが嫌気された。【関連記事】・【速報】ドリコム、1Q連結業績予想を下方修正…経年やイベント施策の不調が響く BXDの費用先行で持分法による投資損失約8500万円を計上サイバーエージェント<4751>[...]

【ゲーム株概況(7/27)】モバイルファクトリーが3日続伸 下方修正のドリコムが年初来安値更新 サイバーエージェントが7日続落 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.