乃木坂46秋元・西野、欅坂46の長濱・菅井が新曲衣装で登場!『ウィムジカル ウォー』発表会レポ



7月27日(金)、リアルタイム陣取りバトルゲーム『ウィムジカル ウォー』が、ゲーム内報酬でビットコインを配布していくことを発表した。ゲストに乃木坂46の秋元真夏さん、西野七瀬さん、欅坂46の長濱ねるさん、菅井友香さんが登場した、PR発表会の模様をレポートしていこう。

報酬でビットコインがもらえるゲームが登場!小遣い稼ぎに最適?

GMOは、2018年8月より、ゲームアプリ上での報酬として仮想通貨の配布を可能とするサービス「CryptoChips」の提供を開始する。

このサービスが初めて実装されるゲームとなるのが、すでにGMOより配信が開始されている陣取りバトルゲーム『ウィムジカル ウォー』だ。

これまでも、ゲーム内報酬で金品を授与することはルール上可能ではあったが、現実的には送金手数料などがかかる関係で価格帯、地域に制限がかかる状態となっていた。

これを仮想通貨にすることによって、だれにでも一律にサービスを提供できるところが本作の魅力となっている。

サービスの概要を紹介したGMOインターネット ゲーム事業部部長 服部直人氏

ビットコインがもらえる大会を定期開催していく

『ウィムジカル ウォー』では、8月6日(月)のアップデートから、ランキングの報酬としてビットコインが配布されることになる。

2週間を1つのシーズンとして大会を開催し、上位1,500名(日本だけではなく世界のユーザーが参加)が1,500円~100円相当のビットコインを入手できるようになる。

報酬の額に関しては、法律による規制があるとのこと。残念ながら高額のビットコインの配布はできないので、お小遣い稼ぎに使ってほしいと服部氏は締めた。

順位の配布ビットコイン数(初回シーズン予定)

順位配布ビットコイン
1位1,500円相当
2~10位1,200円相当
11~30位1,000円相当
31~100位500円相当
101~200位300円相当
201~500位200円相当
501~1,000位100円相当

報酬のビットコインはどう受け取る?

ユーザーが報酬としてビットコインを受け取るには、ビットコインアドレス(仮想通貨用の口座のようなもの)を取得し、ゲーム内で設定するのみ。非常に手軽に行うことができる。

  1. 仮想通貨の取引所やウォレットアプリなどからビットコインアドレスを作成する
  2. ゲーム内で、報酬を送金するビットコインアドレスを設定する

未成年でも手軽に仮想通貨をやり取りできる仕組みだが、『ウィムジカル ウォー』自体が9歳未満がプレイできないアプリとなっていることでいちおうの対策をしているとのこと。

ビットコインアドレス自体が誰にでも作れるが、たとえばGMOコインでの口座開設なら住所、電話番号、本人認証用の免許証画像のアップなどが必要。未成年にはハードルが高いかもしれない

PR発表会では、乃木坂46の秋元真夏さんと西野七瀬さん、欅坂46の長濱ねるさん、菅井友香さんがゲストに登場。

ゲームに触れながら和やかなトークショーが行われた。

乃木坂46、欅坂46のメンバーが新曲の衣装で登場!

登壇した4名のゲストは8月に発売される新曲の衣装で登場。それぞれの曲をPRしてくれた。

左から、乃木坂46の秋元真夏さん、西野七瀬さん、欅坂46の長濱ねるさん、菅井友香さん

8月8日発売の乃木坂46 21stシングル「ジコチューで行こう!」は齋藤飛鳥さんがセンターの曲。

秋元さん「夏らしくて、声をだして歌いたくなる曲です。ドライブしながら聴いてみてください!」

「ジコチューで行こう!」の制服。リボンとボタンの2タイプがあるとのこと

8月15日発売の欅坂46 7thシングル「アンビバレント」は平手友梨奈さんがセンターの曲。

長濱さん「人間関係のしがらみとか葛藤もありつつも、夏を楽しめる明るい曲になっています。いっしょに夏を楽しめたらうれしいです!」

「アンビバレント」の制服。トレンチコートっぽいカッコイイ感じが特徴とのこと

お小遣い1,500円をもらったら何に使いますか?

ゲームでお小遣いを稼げる『ウィムジカル ウォー』にちなんで、トークテーマは「ビットコインで1,500円くらいのお小遣いをもらったら何に使いますか?」。

それぞれがフリップで思い思いに答えを書いていく。

答えは「いちご」「だがし」「電車の切符」「かき氷会」。「電車で鎌倉あたりを小旅行をしたい」という長濱さん以外は、みんな食べ物!

「最近かき氷が流行っているのでみんなで食べに行きたい!」という菅井さんが、「乃木坂さんともご飯に行く機会がなかなかないのでよければ……」と誘う。

秋元さんが「かき氷好きの子も多いのでぜひ!」と快諾!この夏、超豪華なかき氷会開かれるかもしれない!

「お互い交流はないんですか?」というMCの質問に「グループ同士は人見知りなんですよね……」と遠慮がちに答える西野さん

「ビットコインは難しそう」という4人だが、ゲームでお小遣いがもらえるという仕組みには興味津々。本作が、仮想通貨普及の新たな一歩となるかもしれない。

300万円相当のビットコインをかけたリアル大会の開催が発表!

トークショーでは、『ウィムジカルウォー』のリアル大会「Whimsical War ジントリチャンピオンシップ2018」が開催されることも発表。

こちらは賞金総額300万円相当とかなり高額。参加に関する制約はなく、ゲームさえやっていればどなたでも出場可能とのことだ。

ジントリチャンピオンシップ2018開催概要

  • 日程:9月29日(土) ※時間は現時点で未定
  • 場所:ベルサール六本木
  • 参加募集:8月20日(月)より受付開始
  • 参加方法:大会特設サイトの応募フォームより

※大会応募者が規定数を超えた場合は、厳正なる抽選の上、参加者を決定します。
※詳しい応募条件は「ジントリチャンピオンシップ2018」大会規約をご覧ください。

賞金

  • 優勝:ビットコイン150万円相当
  • 準優勝:ビットコイン100万円相当
  • 3位:ビットコイン30万円相当
  • 4位:ビットコイン20万円相当

参加賞(予定)

予選参加者全員に「ウィムジカル ウォー特製Tシャツ」をプレゼント

CryptoChipsについて

「CryptoChips」は、ゲームアプリ上での報酬として仮想通貨の配布を可能とするシステム。「CryptoChips」が実装されたゲームアプリのプレイヤーは、ゲーム内のランキングや、ミッション達成時、アイテム獲得時などの報酬として、“秘密のおこづかい”のように仮想通貨を受け取ることが可能となる。

このたび、「CryptoChips」対応タイトルの第一弾として、リアルタイム型ジントリ(陣取り)バトルゲーム『ウィムジカル ウォー』に実装し、ゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインの配布を開始する予定となっている。

(C) 2017-2018 GMO Internet, Inc.
(C) GMO GP, Inc.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.