ボーンデジタル、『アナトミーとフォース 構造と機能から描く躍動感ある人体』を8月初旬に発売



ボーンデジタル、『アナトミーとフォース 構造と機能から描く躍動感ある人体』を8月初旬に発売ボーンデジタルは、書籍『アナトミーとフォース 構造と機能から描く躍動感ある人体』(著者:マイケル・マテジ氏)を8月初旬に発売する。価格は3000円(税別)。本書は、フォースドローイング提唱者である著者が魅力と躍動感あふれる人体ドローイングを開設する。部位の名称や位置を覚えるのではなく、「機能」や「作用」に注目してポーズが筋肉の見た目やフォームにどう影響するかを考えるという。本書があれば、静止したキャラクターでも、動きのあるキャラクターでも、解剖学的に正確な人体をデザインし、描くことが可能になるとのこと。【特徴】• カラー図版で見やすく、分かりやすい構成• ドローイングの各段階を豊富な作例で説明• 学びたい領域をすぐに探せる• さまざまな角度からの見え方、描き方が分かる 【著者について】マイケル・マテジ(Michael Mattesi):アー[...]

ボーンデジタル、『アナトミーとフォース 構造と機能から描く躍動感ある人体』を8月初旬に発売 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.