スクエニHD子会社のTokyo RPG Factory、2018年3月期の最終利益は65%減の8300万円…第2弾タイトル『LOST SPHEAR』を発売



スクエニHD子会社のTokyo RPG Factory、2018年3月期の最終利益は65%減の8300万円…第2弾タイトル『LOST SPHEAR』を発売Tokyo RPG Factoryは、本日(7月30日)付の『官報』に「第10期(2018年3月期)決算公告」を掲載し、最終利益は前の期比64.5%減の8300万円だった。同社は、2015年6月、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>の子会社として、『いけにえと雪のセツナ(当時:Project SETSUNA)』を開発するスタジオとして設立された。『いけにえと雪のセツナ』を「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」で配信したほか、第2弾タイトルとして『LOST SPHEAR』を発売した。 [...]

スクエニHD子会社のTokyo RPG Factory、2018年3月期の最終利益は65%減の8300万円…第2弾タイトル『LOST SPHEAR』を発売 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.