東映アニメが一時S高 19年3月期業績予想の上方修正が材料に 「ドラゴンボール」IPの国内外での好調ぶりをあらためて評価



東映アニメが一時S高 19年3月期業績予想の上方修正が材料に 「ドラゴンボール」IPの国内外での好調ぶりをあらためて評価東映アニメーション<4816>が一時ストップ高まで買われるなど急騰し、4000円大台乗せを示現してきた。東映アニメは、前週末7月27日に2019年3月期の第1四半期決算を発表するとともに、早くも2019年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表したことが材料視されている。もともと保守的な業績予想を開示する傾向の強い同社だが、あらためて「ドラゴンボール」IPの国内外での好調ぶりが確認できたことが大きな表材料となっているもようだ。【関連記事】【決算】東映アニメ、18年3月期の営業益予想を90億円→120億円に大幅増額 『ドラゴンボール』ゲームアプリ貢献、北米向け映像配信権の販売も寄与 [...]

東映アニメが一時S高 19年3月期業績予想の上方修正が材料に 「ドラゴンボール」IPの国内外での好調ぶりをあらためて評価 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.