カプコン、1Q営業益は6.5倍に急拡大…『モンハン:ワールド』の人気が継続、累計販売本数は830万本に 海外向け『ストリートファイター』も貢献



カプコン、1Q営業益は6.5倍に急拡大…『モンハン:ワールド』の人気が継続、累計販売本数は830万本に 海外向け『ストリートファイター』も貢献カプコン<9697>は、7月30日、2019年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高172億400万円(前年同期比46.5%増)、営業利益51億600万円(同6.5倍)、経常利益54億9200万円(同7.1倍)、最終利益39億300万円(同7.4倍)となった。 今年1月に発売した『モンスターハンター:ワールド』(PS4、Xbox One用)がユーザー層の拡大により人気を持続し、累計販売本数830万本に達したことに加え、新作『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション』(PS4、Nintendo Switch、Xbox One、パソコン用)が計画を上回って推移した。主なセグメントごとの状況は以下の通り。①デジタルコンテンツ事業…売上高137億8200万円(前年同期比79.3%増)、営業利益57億3500万円(同3.4倍)『モ[...]

カプコン、1Q営業益は6.5倍に急拡大…『モンハン:ワールド』の人気が継続、累計販売本数は830万本に 海外向け『ストリートファイター』も貢献 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.