【ゲーム株概況(7/30)】決算発表銘柄は東映アニメが一時S高、ガンホーが急反落と明暗分かれる 新作事前登録開始のオルトプラスが後場急落



【ゲーム株概況(7/30)】決算発表銘柄は東映アニメが一時S高、ガンホーが急反落と明暗分かれる 新作事前登録開始のオルトプラスが後場急落7月30日の東京株式市場では、日経平均株価は週末を挟んで続落となり、前日比167.91円安の2万2544.84円で取引を終えた。前週末の米国市場のハイテク株安を受けて、国内市場も主力株を中心に売り物が先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前週末7月27日に2019年3月期の第1四半期決算を発表するとともに、早くも2019年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表(関連記事)した東映アニメ<4816>が一時ストップ高したほか、アカツキ<3932>やイグニス<3689>がプラス圏での推移となった。アカツキは、「ドラゴンボール」関連で東映アニメからの連想買いという側面もありそうだ。また、この日に大きな動きを見せたのが、いずれも新作タイトルの事前登録が開始となったオルトプラス<3672>とアクセルマーク<3624>だ。オル[...]

【ゲーム株概況(7/30)】決算発表銘柄は東映アニメが一時S高、ガンホーが急反落と明暗分かれる 新作事前登録開始のオルトプラスが後場急落 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.