藤商事、第1四半期は売上高76%減、3億円の営業赤字に転落 前年同期の営業利益は44億円 パチンコ機器の販売が99.7%減と大幅減に



藤商事、第1四半期は売上高76%減、3億円の営業赤字に転落 前年同期の営業利益は44億円 パチンコ機器の販売が99.7%減と大幅減にパチンコやパチスロ機器を手がける藤商事<6257>は、本日7月30日、第1四半期(4~6月)の連結決算を発表し、売上高43億3200万円(前年同期比76.5%減)、営業損益3億7300万円の赤字(前年同期は営業利益44億6000万円の黒字)、経常損益2億6700万円の赤字(同45億3400万円の黒字)、四半期純損益2億1100万円の赤字(同28億4800万円の黒字)と大幅減収・赤字転落となった。 パチンコ遊技機については新機種の投入などはなく、前事業年度に発売したシリーズ機種の販売を行ったため、販売台数が前年同期比で99.7%減と大きく減らした。パチスロ遊技機についても、3機種を新たに投入したが、販売台数が同4.8%減の1万1000台と低下した。このほか、2018年3月より配信を開始したスマートフォン向けゲーム『23/7 トゥエンティ スリー セブン』については、継続[...]

藤商事、第1四半期は売上高76%減、3億円の営業赤字に転落 前年同期の営業利益は44億円 パチンコ機器の販売が99.7%減と大幅減に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.