東京プリズン【攻略】: 5つのユニオンが大激突!抗争に挑戦しよう



『東京プリズン』では、5つのユニオンが廃都の覇権をかけて「抗争」で日夜戦いを繰り広げている。抗争は、プレイヤーの介入によって戦況が変化し、結果に合わせて新たなストーリーが描かれていくため、見どころ満載。今回は、抗争の仕組みと簡単なコツについて紹介していく。

  1. バトルに参加して「拠点」を支配しよう!
  2. 貢献に応じて報酬がもらえる!
  3. 制圧編と奪還編の2フェーズで進行!
  4. ルビーを使って拠点強化!
  5. 抗争で覚えておきたい3大ポイント!

ユニオン同士の総力戦「抗争」に参加しよう!

アリーナと並んで、本作の目玉となっているのが、5つのユニオンによる「抗争」。

抗争はプレイヤーの介入によって戦況が変化していき、勝敗の結果が「プリズンストーリー」にも影響する。

今回は、抗争の大まかな仕組みとプレイする上でのちょっとしたコツを紹介していこう。

抗争は、拠点の支配をかけて各ユニオンがバトルを行う。支配した拠点の数が多いほど有利になり、最終的なユニオンの順位にも影響してくる

アリーナランクを上げよう!

抗争に参加するためには、アリーナでランクをE4まで上げる必要がある。

まずはアリーナをプレイして、対人戦の勝手を覚えておこう。コツに関しては、こちらの記事を参考にしてほしい。

位置取りや各ジョブごとの立ち回りなど、対人戦では覚えておきたいポイントが多数。味方との連携も意識していこう

抗争も、バトル部分はアリーナと同じ3vs3のリアルタイムバトルなので、アリーナで戦えるようであれば抗争でも活躍できるはずだ。

バトルに参加して「拠点」を支配しよう!

抗争は、12:00スタートの昼の部と、21:00スタートの夜の部で、1日2回開催。

昼の部、夜の部ともに2つずつ「拠点」が選ばれ、プレイヤーはこの拠点の支配権をかけて一斉にバトルを開始する。

最終的には、各ユニオンが支配している拠点の「支配度」の合計を算出し、合計値が最も高いユニオンが廃都の覇者となる。

とはいえ、プレイヤー各自でできるのは、バトルに参加して拠点の支配に貢献すること。あまり難しく考えず、積極的にバトルに参加して勝利を目指そう。

抗争のマップは、このような感じ。1つ1つの建物のアイコンが拠点を示している。隣り合う拠点を支配すると線で結ばれ、線で囲まれたエリアができると支配度がより高まる

抗争の基本ルール

  • 12:00スタートの昼の部と、21:00スタートの夜の部の1日2回開催(各1時間ずつバトル)
  • 制圧編と奪還編の2つのフェーズで進行する
  • 拠点の支配をかけて敵のユニオンと対戦を行う
  • 対戦はアリーナと同様のプレイヤー同士3vs3のバトル
  • バトル内容に応じてスコアを獲得できる
  • 抗争終了時、全バトルのスコアを集計して、最終的に合計スコアが高いほうのユニオンが勝利。勝利したユニオンが拠点を支配できる

バトルはアリーナとほぼ同じだが、開始前に使用キャラクターを選択することができる。

マッチングしたメンバーの育成度合いを見て、誰を使うか決めていこう。

同じジョブを2人組み込むことはできないので、複数のキャラクターを育成しておくのが望ましい。特に獅堂、徹也は戦力の中核になるので、重点的に鍛えておこう

また、敗北した場合も報酬がもらえるだけでなく、バトル中に獲得したスコアも加算される。バトル中のがんばりは、むだにはならない。

勝ち負けはあまり気にせずに、各バトル全力で戦っていこう!

バトルの報酬は、大量のソウルやガチャチケットなどとても豪華。MVPを獲得していると、ボーナスが付いて大幅に数も増量!

敗北しても、バトルで獲得したスコアが加算されるので、参加するだけでも貢献できる。自分の負け=ユニオンの負けではないので、気軽にどんどんバトルしていきたい

抗争にはシーズンが決められており、シーズンの終了時に支配していた拠点の合計支配度によって、覇者となるユニオンが決定する。

支配度は、単に拠点を支配するほか、隣り合う拠点を支配して線を結ぶ、後述の拠点強化を行うなどでアップする。

基本的な流れが理解できたら、支配度を上げることも考えていこう。

貢献に応じて報酬がもらえる!

抗争に参加すると、スコアに応じて構成員クラスが上がっていく。25からスタートし、数字が少ないほどクラスが高いことを示す。

また、抗争でスコアを稼ぐ、ルビーの献上(後述)などで「貢献度」が上がっていき、貢献度が高いメンバーはユニオンの幹部に任命される。

幹部は、奪還編で狙う拠点の投票に参加することができるので、より抗争を楽しむことができるだろう。

貢献度や獲得スコアはランキングが集計されており、シーズン終了時にはランキングに応じたさまざまな報酬がもらえる。

構成員クラスは、数字が少ないほど高い。自分よりクラスが高いメンバーは、抗争での経験も豊富なはずなので、戦い方などを参考にしてみよう

幹部は、貢献度が上位100位以内に入っていると任命される。奪還編の投票が行えるほか、ユニオンの方針を話し合う幹部会議にも参加できる

制圧編と奪還編の2フェーズで進行!

抗争は、制圧編と奪還編のフェーズを交互に繰り返しながら進んでいく。

制圧編

  • どのユニオンにも支配されていない拠点を制圧する
  • ターゲットになる拠点は2ヶ所がランダムで決定

奪還編

  • どこかのユニオンに支配されている拠点を奪い取る
  • ターゲットの拠点は幹部の投票によって決定
  • 攻撃する拠点1ヶ所、防衛する拠点1ヶ所が選ばれてバトル

どちらも、戦場になる拠点は2つ。優勢か劣勢かの戦況はリアルタイムで反映されていくので、基本的には劣勢な方に加勢するのがいいだろう。

この写真の状況であれば、拮抗している「背徳ミュージアム」に参戦するのがいい。なるべく多くの拠点を支配できるように戦っていこう

両フェーズとも、終了時までに両陣営が稼いだスコアを合算し、合計スコアが高いほうがその拠点を支配できる。

バトルに負けても、自分がバトル中に稼いだスコアはしっかり加算されるので、最後まで諦めずに戦い抜こう。

フェーズ終了時に最終スコアが発表され、勝敗結果がわかる。重要な拠点が押さえられるよう、ベストを尽くしていこう

ルビーを使って拠点強化!

支配している拠点は、アリーナで手に入るルビーを使って強化することができる。

拠点強化で拠点のレベルが上がると、支配度が増加するため、ユニオンの順位にも影響してくる。

また、使用したルビーによって自分の貢献度もアップするので、拠点強化は積極的に行っていこう。

拠点強化は回数に限りがあり、12時間経過で回復する。ルビーはユニオン関連でしか使わないので、どんどん使っていこう

強化するなら、支配しているエリアの中心にある拠点など、ほかのユニオンから攻撃を受けにくい位置にあるところがいいだろう。

せっかく強化しても、ほかのユニオンに奪われてしまうと元も子もない。

また、ルビーのもう1つの使い道として、「献上」がある。

ユニオンのリーダー、もしくはサブリーダーにルビーを渡すことができ、渡した数に応じて報酬がもらえる。

もらえるアイテムは、リーダーとサブリーダーで異なるので、報酬を確認して献上していこう。

ストーンやガチャチケットがもらえるため、献上はかなりオイシイ。また、チームに所属していると、貢献度にボーナスも追加される

抗争で覚えておきたい3大ポイント!

さまざまな要素があるため、初めて抗争に参加すると大変に感じるかもしれない。

覚えておきたいポイントをまとめたので、ひとまずこの3点を覚えておこう。

その1:負けを恐れず参加する!

抗争では、たとえ負けてしまっても、各自がバトル中に稼いだポイントはユニオンに加算される。

とにかくバトルでがんばって戦うことが、ユニオンへの貢献になるので、まずは身構えずに参加してみよう!

引き分けや敗北でも、ユニオン全体のポイントはアップする。コンボや追撃でポイントが加算されるので、味方と協力しながら1戦1戦をていねいに戦っていこう

その2:ファイターとタンクを必ず入れよう!

アリーナとは違い、抗争では出撃前に使用キャラクターを選択できる。

チームメイトのレベルを確認して、各ジョブで最も高いレベルのキャラクターが出撃できるように調整しよう。

また、ファイターとタンクは戦力の中核になるため、必ず組み込んでおきたい。

どちらかが欠けると、火力面、防御面のバランスが崩れて戦いにくくなってしまう。

ファイターとタンクは必須なので、メインで使っていなくともこの2ジョブのレベルは上げておこう。ファイターはほとんどの人が育てているはずなので、タンクを上げておくのがおすすめ

その3:ルビーを忘れずに使おう!

アリーナで報酬としてもらえるルビーは、使い道がユニオン関連のみ。余らせておくのはもったいないので、献上、もしくは拠点強化でしっかり使っていこう。

強化するべき拠点がわからないうちは、献上でダイヤやガチャチケットをもらっておくのがおすすめ。これでガチャを回して戦力を強化し、さらに貢献に努めよう。

アイテムがもらえて貢献度も上がるため、献上は一石二鳥。抗争の勝手がわかってきたら、拠点強化にも手を出してみよう

いろいろと気にすべきポイントはあるものの、抗争で最も重要なのは参加して戦うこと。

たとえ勝てなくとも、参加するだけでユニオンに貢献できるので、ユニオンの勝利を目指してメンバー一丸となって戦っていこう!

「プリズンストーリー」は、抗争の結果によって物語が変化していく。自分のユニオンが勝てるよう、全力を尽くそう!

(C) KAYAC Inc. All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。正式版とはデータが異なる可能性があります。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.