ギークス、2018年3月期の最終利益は2億5000万円と黒字転換 『アイドリッシュセブン』などの開発を担当



ギークス、2018年3月期の最終利益は2億5000万円と黒字転換 『アイドリッシュセブン』などの開発を担当ギークスは、この日(7月31日)付の官報に、第11期(2018年3月期)の決算公告を掲載し、最終利益は2億5000万円となり、黒字転換に成功した。前の期(2017年3月期)は1600万円の赤字だった。同社は、クルーズ<2138>(旧ウェブドゥジャパン)創設者の一人である曽根原稔人氏が代表を務める企業。ITフリーランスと企業をマッチングするIT人材事業を展開していたが、2009年4月にMBO(経営陣による買収)で独立し、2010年にソーシャルゲーム事業に参入した。バンダイナムコオンラインが提供する『アイドリッシュセブン』をはじめ、『カクテル王子』(7月にサービス終了)と『ツキノパラダイス。』の開発を担当した。主力タイトルだった『SHOW BY ROCK!!』については2017年12月、エディア<3935>に開発・運営を移管している(関連記事)。 [...]

ギークス、2018年3月期の最終利益は2億5000万円と黒字転換 『アイドリッシュセブン』などの開発を担当 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.