【速報3】ドリコム、1Q下方修正の背景に監査法人の方針変更 契約前の開発費の資産計上は認めない方向に



【速報3】ドリコム、1Q下方修正の背景に監査法人の方針変更 契約前の開発費の資産計上は認めない方向にドリコム<3793>の内藤裕紀社長は、本日(7月31日)開催の決算説明会で、アプリの開発費の会計処理に関して、監査法人からの対応に変化があったと明かした。前期の第4四半期(2018年1~3月)あたりから監査の方針が変わり、より保守的な内容になったという。ドリコムだけでなく、ゲーム業界全体にも少なからず影響を与えかねない問題だ。ゲーム業界では慣習上、契約する前に先行して開発を行い、開発途中~納品後に契約を結ぶといったことがよくある。記者の以前勤務していたゲーム開発会社でも受託する際、契約前に先行して開発するケースが少なからずあった(※)。その場合、担当者から発注したい旨のメールもしくは議事録の文言などのエビデンスがあれば、開発に入っても構わないという方針をとっていることが少なくない。監査法人としては、こうしたゲーム業界における慣習の存在を認めつつ、契約締結がベストとしながらも何ら[...]

【速報3】ドリコム、1Q下方修正の背景に監査法人の方針変更 契約前の開発費の資産計上は認めない方向に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.