Google、Google Playにおける改善策の成果を公開…ファイルサイズを最大65%減やアクセス数30%増、機械学習を使った不正検知など



Google、Google Playにおける改善策の成果を公開…ファイルサイズを最大65%減やアクセス数30%増、機械学習を使った不正検知などGoogleは、Androidプラットフォームにおいて、アプリを効率的に配布し、ユーザーにアプリを見つけやすくしつつ、そしてエコシステムのセキュリティの改善を図るために行った、Google Playにおける改善策の成果を「Google Developers」ブログで明らかにした。その中でも特徴的な内容として挙げているのが、ダウンロードサイズの縮小となる。サイズの縮小を可能としたのは、Android アプリバンドルとダイナミック配信機能の恩恵があったそうだ。​その他、Play Console の新しいツールで、クラッシュ率が最大 70% 減少、見つけやすさの改善によって、直近 12 か月での Google Play ストアのアクセス数が30%増加といった成果があったとのこと。例えば、ゲームのダウンロードの大半はストアのブラウジングのため、新しいゲームのホームページ、人気のゲームや新しいゲーム[...]

Google、Google Playにおける改善策の成果を公開…ファイルサイズを最大65%減やアクセス数30%増、機械学習を使った不正検知など is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.