【ゲーム株概況(9/13)】バンナムやカプコンなど大手ゲーム株の一角が買われる…「TGS2018」出展で新作などが話題に BOIは大幅反発



【ゲーム株概況(9/13)】バンナムやカプコンなど大手ゲーム株の一角が買われる…「TGS2018」出展で新作などが話題に BOIは大幅反発9月13日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比216.71円高の2万2821.32円で取引を終えた。米国が中国に貿易問題をめぐる閣僚級協議の再開を打診したと伝えられ、米中の貿易摩擦への懸念がやや後退した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、バンク・オブ・イノベーション<4393>が大幅反発し、バンダイナムコHD<7832>やカプコン<9697>など大手ゲーム株の一角も買われた。大手ゲーム株は、直近では「TGS2018」の出展に関するニュースが相次いでおり、その中で新たなタイトルが発表されたりしていることも株価の刺激材料となっているようだ。ほか、アカツキ<3932>やユークス<4334>、ケイブ<3760>などもしっかり。半面、モブキャストHD<3664>やAiming<3911&g[...]

【ゲーム株概況(9/13)】バンナムやカプコンなど大手ゲーム株の一角が買われる…「TGS2018」出展で新作などが話題に BOIは大幅反発 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.