【ゲーム株概況(9/19)】「TGS2018」接近で出展タイトルの関連銘柄が動意づく 18年9月期業績予想を大幅増額の日本ファルコムが後場一段高



【ゲーム株概況(9/19)】「TGS2018」接近で出展タイトルの関連銘柄が動意づく 18年9月期業績予想を大幅増額の日本ファルコムが後場一段高9月19日の東京株式市場では、日経平均株価は4日続伸し、前日比251.98円高の2万3672.52円で取引を終えた。米中貿易摩擦への懸念が後退したとの見方から一時は2万3842.05円と今年1月以来の2万4000円台をうかがう水準まで買われた。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、Aiming<3911>やKLab<3656>、オルトプラス<3672>などが買われた。Aimingは、明日9月20日より開催される「東京ゲームショウ2018」のスクウェア・エニックスブースに共同プロジェクトとなるスマホ向けRPG『ゲシュタルト・オーディン』も出展予定であることが株価の刺激材料となっているようだ。また、本日(9月19日)の後場場中に2018年9月期の連結業績予想の大幅上方修正を発表した日本ファルコム<3723>が後場に入って一段高し、、周辺株で[...]

【ゲーム株概況(9/19)】「TGS2018」接近で出展タイトルの関連銘柄が動意づく 18年9月期業績予想を大幅増額の日本ファルコムが後場一段高 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.