【ゲーム株概況(9/20)】スクエニと『ロマサガ』新作を共同開発のアカツキが一時S高 『アナザーエデン』のガチャ問題への懸念でグリーが売られる



【ゲーム株概況(9/20)】スクエニと『ロマサガ』新作を共同開発のアカツキが一時S高 『アナザーエデン』のガチャ問題への懸念でグリーが売られる9月20日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら5日続伸となり、前日比2.41円高の2万3674.93円で取引を終えた。引き続き米中貿易摩擦への懸念後退が意識されたものの、前日までに4日間で1000円超の上昇を演じてきたことによる過熱感や、自民党総裁選での石破氏の健闘などもあり、方向感に乏しい展開となった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アカツキ<3932>が一時ストップ高となるなど急騰した。アカツキは、スクウェア・エニックスがこの日に発表した「ロマンシング サガ」の完全新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』の共同開発を行っていることが、株価の刺激材料になったもようだ。また、前日にバンダイナムコホールディングス<7832>が楽天<4755>の保有する株式を取得し、第2位株主となったドリコム<3793>も朝方からストップ高[...]

【ゲーム株概況(9/20)】スクエニと『ロマサガ』新作を共同開発のアカツキが一時S高 『アナザーエデン』のガチャ問題への懸念でグリーが売られる is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.