「マリカー」訴訟で運営会社に任天堂への損害賠償の支払いを命じる東京地裁の判決 マリオなどのコスチュームの貸与も差止に



「マリカー」訴訟で運営会社に任天堂への損害賠償の支払いを命じる東京地裁の判決 マリオなどのコスチュームの貸与も差止に任天堂<7974>は、本日(9月27日)、公道カートのレンタルサービスを提供するマリカー(現:MARIモビリティ開発)とその代表取締役に対して、任天堂の知的財産権の侵害行為の差止と上記行為から生じた損害の賠償を求める訴訟について東京地方裁判所からの判決が言い渡されたことを明らかにした。同社によると、東京地裁において、「マリカー」という標章などが任天堂の商品表示として広く知られていることを認めた上で、被告に対して、不正競争行為の差止と、任天堂への損害賠償金の支払いなどを命じる判決を下したとのこと。任天堂の主張が認められる形だった。不正競争行為については、例えば、被告会社の営業活動においてマリオなどのキャラクターのコスチュームを貸与することが禁止されることが判決文中で例示したという。[...]

「マリカー」訴訟で運営会社に任天堂への損害賠償の支払いを命じる東京地裁の判決 マリオなどのコスチュームの貸与も差止に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.